顔にラインを描かれている女性

バストアップ施術

鏡を見る女性

女性らしさを強調する部位は、やはりバストです。
ふっくらとした美しいバストがあるだけで、女性らしいボディラインを作ることができます。
しかし、バストの大きさは個人差があるため、それだけ悩みを抱えているという女性も多いのではないでしょうか。「バストのサイズが小さくて悩んでいる」、「ハリがなくて悩んでいる」、「形が崩れてしまっている」というような悩みは、美容整形外科のバストアップ・豊胸施術で解消することができます。
サイズを大きくしたいのか、形を整えたいのか、若々しいハリを与えたいのかによって、ピッタリの施術内容は変わってきます。

バストのサイズを大きくしたいのであれば、「プロテーゼ挿入」、または「ヒアルロン酸注入」による豊胸手術がピッタリです。
プロテーゼ挿入は、バストを2カップ以上大きくしたいとき、半永久的にバストを大きくしたいときに向いている美容整形です。自然な感触のシリコンプロテーゼを脇の下から挿入し、自然な感触・形のバストを形成していきます。大がかりな豊胸手術に抵抗がある、というひとは、「ヒアルロン酸注入」による豊胸手術を受けるとよいでしょう。ヒアルロン酸による豊胸手術はわずか10分で終了する上、バストの大きさも自由自在なのが魅力です。全体のサイズをアップさせたり、谷間を強調したり、バストの上部分にハリをもたせたりと、柔軟な施術が行えます。

また、乳首や乳輪の修正手術もあります。乳首の陥没を修正したり、大きすぎる乳輪を縮小したいという人は、それらの施術を受けるのがよいでしょう。